不動産投資と確定申告

不動産投資をすると、税金の申告が必要です。家賃収入から、必要経費を差し引き、利益が出たら納税、赤字の場合はその他の所得と通算するため、例えばサラリーマンが投資をして、赤字になったら、給与の税金の還付を受けることができます。こういった不動産の税金の計算にあたっては、青色申告を選択することができます。メリットは、黒字の場合、青色申告控除と言って、経費とは別に所得から10万円(一定の要件で65万円)引くことができるほか、赤字の年に他の所得と通算しきれない場合は、赤字を3年間繰り越すことができます。このように一見いいことずくめですが、義務は毎年必ず申告書を提出することです。とはいえ、家賃収入がある限り、どうせ申告書の提出義務はあるのだから、この義務は負担にはなりません。

事業規模になれば青色申告で

不動産を賃貸して収入を得れば、毎年確定申告が必要になります。確定申告には、いわゆる白色申告と、青色申告があります。白色申告では、とくに特典はありませんが、青色ではさまざまな特典があります。最大65万円の特別控除、家族への給与を経費としてよい、赤字損失分を3年間繰り越せる、などです。これらによって、同じ収入でも経費として引ける金額が変わるので、青色の方が税金を少なくすることができます。しかし、青色の条件を満たすためには、正規の簿記による記帳と、決算書の作成が必要になります。さらに、不動産賃貸の場合は、「5棟あるいは10室」以上の始業的規模が必要です。