不動産の生前贈与について

親が不動産を持っていて、その為、親の死後相続税で苦しんだ。そういう話をしばしば聞きます。確かに、土地・建物は高額な為、相続税が多額にかかるのは事実です。その為、誰もが節税対策を行っています。よくある節税対策としては、アパートを借金して建てて借金と資産を相殺する方法です。もう一つの方法は、生前贈与の方法です。この方法の欠点としては、登記費用や不動産取得税、贈与税の申告といった費用が別途必要になる為、意外に使いかってが悪いのが贈与と言う仕組みです。その為、これらの必要まで含めて生前贈与は検討したほうがよいです。

生前贈与という制度について

生前贈与とは、自分が生きている間に金銭や物品、不動産などを家族や他人に贈与することを言います。生前に贈与が行なわれる理由としては、多額の財産を持った贈与者が亡くなった場合に、贈与を受ける人が支払う多額の相続税を軽減するということが挙げられます。また、1年間に110万円を超える金銭や物品の贈与を受けた人は、贈与税の申告をしなければなりませんが、毎年110万円以下の贈与であれば申告をする必要はありません。支払った贈与税は相続税の前払いとみなされるため、不動産などの分割しにくい遺産の場合は生前贈与という制度を利用するとよいでしょう。