不動産の価格成約事例

不動産の売買価額や相場を調べるとき、最近ではインターネットで、地域や面積などの条件を指定すると、条件が似ている物件の価額を検索することができます。ただし、掲載されているのは、売却の希望者の希望価額なので注意が必要です。インターネットで検索すると、掲載時期も出ているので、長い期間そこに出ているのは、もしかしたら価額が相場に合っていない(高すぎる)のかもしれません。正確な相場を調べるためには、売り主の希望価額ではなく成約事例をあたる必要があります。不動産屋さんに相談して、近隣の成約事例を調べてもらうといいでしょう。

成約事例が査定価格に影響する

もし自宅マンションを売った場合、どのくらいの価格で売れるかということはとでも気になるでしょう。この場合不動産査定を依頼することでおおよその価格を知ることができます。査定価格はどのように算出されるかというと、中古マンションの場合は築年数や広さ、階数などのほかに、周辺環境や同じ棟や近隣の同程度のマンションの成約事例なども参考にされます。同じマンションの査定でも、違う不動産会社に査定を依頼すると、その査定額には違いが出てきます。それは各社によって把握している過去の成約事例の数が違うということも一つの要因です。